こんにちは!

桜が満開の3月末日、白金台にある松岡美術館で開催中の「元気な文様たち 五彩・青花を中心に」に行ってきました。

松岡美術館_入り口

松岡美術館は、実業家・松岡清次郎氏(松岡地所の創業者)のコレクション1800件余りが所蔵されている私立美術館です。

松岡清次郎氏は美大・芸大受験生なら誰もが知っている美術予備校、あの「新宿美術学院(通称シンビ)」の創設者でもあります!


最寄り駅は白金台駅なのですが、今回は目黒駅から向かいました。

メディア グラフィックスからは徒歩30分ほどで行くこともできます。

目黒駅東口には松岡美術館の電飾看板があります。

目黒駅_松岡美術館電飾看板

東京都庭園美術館、自然教育園の前の通りは桜が満開!

目黒駅周辺の桜

自然教育園_桜

公園では、春休みのお子様やママさんたちがお花見を楽しんでいました。

自然教育園の角を曲がり、見事な桜のお庭があるなぁ、と思ったらここが松岡美術館、でしたが、入り口は反対側という案内図が。

松岡美術館_桜

入り口には「元気な文様たち 五彩・青花を中心に」のポスターが置かれていました。

松岡美術館_元気な文様たち 五彩・青花を中心に

メディア グラフィックスはこの度、こちらのポスターとチラシのデザイン・印刷を担当させて頂いております。


正面ロビーでは、ディエゴ・ジャコメッティの『猫の給仕頭』 (1967)の可愛さに目を奪われました。

松岡美術館_ジャコメッティ_猫

「元気な文様たち」は2階の展示室で開催されており、色鮮やかでユニークな文様の描かれた中国の陶器を堪能。

松岡美術館_元気な文様たち 五彩・青花を中心に1.

こちらの龍は、なんだか両手両足を広げて戯けているようで、クスッと笑ってしまう可愛らしさでした。

松岡美術館_元気な文様たち 五彩・青花を中心に2


そして、2階通路に置かれた雛飾りの豪華さにも驚きました。

松岡美術館_雛人形

松岡氏がお嬢様のために購入したものだそうですが、お内裏様とお雛様は建物の右手、三人官女の奥に恭しく鎮座されています。

お隣のお部屋では文楽人形などが描かれた日本画の展示、1階では古代オリエント美術に現代彫刻に古代彫刻、と、松岡氏のコレクションの幅広さに感嘆。

今回はお庭も開放されていて、見事な桜と共に、鶴の置物、灯籠、豊かな緑をのんびりと鑑賞できました。

松岡美術館_庭

お仕事のこと、素敵な美術品を見せて頂けたこと、そして新宿美術学院でお世話になったお礼を、松岡氏のブロンズ像にご報告させて頂きました。

※中庭の開放は期間限定となっておりますので、公式Twitterで最新情報をご確認ください。



「元気な文様たち 五彩・青花を中心に」の印刷物のお仕事は、担当者様が弊社の制作物を見てお声掛け下さった、新規案件でした。

日々の仕事をキチンと見て下さる方々がいるのだと、感動と共に身が引き締まる思いです。

松岡美術館は所蔵作品の修復調査、設備点検のため、2019年6月2日(日)から2021年10月4日(月)まで休館することとなっております。

お散歩がてら、是非皆様もこちらの展示、行ってみてくださいませ!


【松岡コレクション 元気な文様たち 五彩・青花を中心に】

2019年2月20日(水)~2019年6月1日(土)

開館時間:午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)

休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
*ゴールデンウィーク中は休まず開館します。5月7日(火)は休館いたします。

観覧料:一般800円/65歳以上・障害者700円/中高大生500円(20名以上の団体は各100円引)

【同時開催】
館蔵 日本画 伝統芸能と音色の響き
古代エジプトの女性と女神

松岡美術館
東京都港区白金台5-12-6
関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加