グラフィックデザイナー佐藤卓さんの「デザインの解剖展」へ行ってきました。

2016-10-20-17-01-36.jpg





展示内容は、身近な製品を「デザインの視点」で解剖し、各製品の成り立ちを徹底して検証するというものです。

製品を構成するロゴやパッケージのレイアウトや印刷、中身の味、香り、原材料など様々な観点から検証されています。

2016-10-20-16-51-40.jpg


今回は「きのこの山」

2016-10-20-16-58-10.jpg


「明治ミルクチョコレート」

2016-10-20-16-48-09.jpg


「明治おいしい牛乳」

2016-10-20-16-48-51.jpg

他にも「明治ブルガリアヨーグルト」「明治エッセルスーパーカップ」が取り上げられ、ユニークな見せ方で観る人を飽きさせない仕組みが満載です。


当社も、デザインや印刷に関わる仕事をさせていただいておりますので、本展示会においては「解剖」される部位にあたります。

モノづくりに対する佐藤卓さんの思いに共感する部分が多くありました。

是非たくさんの人にモノづくりの深さに興味を持っていただき何かを感じていただけたら嬉しいです。

● 2016年10月14日(金)−2017年1月22日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT[東京ミッドタウン・ガーデン内]
開館時間:10:00-19:00(入場は18:30まで)
休館日:火曜日、年末年始(12月27日-1月3日)
「デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法」
関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加