メディアグラフィックスBLOG

化粧品および文化芸術分野の高品質印刷・加工・企画・デザイン・WEB制作「株式会社メディアグラフィックス」のブログです

記事一覧

2018-03-12 広報
こんにちは。この度、メディア グラフィックスの2019年度 新卒採用サイトがOPENいたしました!今回新たに作りましたこのサイトですが、たくさんの情報を盛り込みまして、大変読み応えあるものとなっております。会社概要や募集要項だけではなく、若手社員の生の声や当社情報をわかりやすくデータ化したページなど、当社ベテラン社員も気になる内容が盛りだくさんです…!就職活動中の学生さんだけでなく、色々な方に見て頂ければ幸...

記事を読む

2018-03-05 印刷入門
こんにちは!今日は、印刷物の「表面加工」についてご説明します。「表面加工」とは、印刷した紙の上にニス引きや光沢剤、フィルムなどで加工を施し、印刷物自体の性能を上げることができる工程です。機能面では、印刷物のインキの擦れ防止やフィルムを貼ることによって耐久性を上げることが可能です。デザイン面では、ツヤ出しや、マット感を出すなどの加工を施すことで、印刷物の風合いが増し、より高い高級感を演出することが出...

記事を読む

2018-02-26 WORK-お仕事-
こんにちは!本日は、メディア グラフィックス埼玉工場の見学についてご紹介致します。最寄りはみずほ台駅なので、東武東上線でいらっしゃる方が多いです。駅に到着されましたら、社員が車でお迎えに伺います。【応接室】まずは2階の応接室にて、工場のご説明します。そして髪の毛が工場内で落ちてしまわないように、薄い紙のヘアキャップを被って頂いたら、いざ出発。★1.刷版室刷版室にて、版のご説明。お客様から入稿されたIllus...

記事を読む

2018-02-19 グルメ
こんにちは!今年は大寒波の影響で寒い日が続いてますね。皆さまお身体崩されていないでしょうか?今年初となります五反田グルメ探訪Vol.8はそんな寒い日にピッタリな火鍋専門店「ファイヤーホール4000」(営養薬膳師 菰田欣也が提案する新しいスタイルの火鍋専門店)をご紹介します!メディアにも取り上げられ今や予約必須のこのお店。夜は基本的に3種類の火鍋のコースのみで、今回は火鍋ベーシックコースを選択。具材は肩肉、外...

記事を読む

2018-02-13 業界情報
こんにちは。本日はDD(データデザイン)部の社員が見学に行った「武井印刷所」さんをご紹介します。活版印刷(かっぱんいんさつ)は、金属や木に文字を彫り込み判子状にしたものに、塗料を塗って印刷します。その為たくさんの文字の彫られた活字を級数毎に印刷所は保有し、必要な文字を集めてから文章を組み、印刷していきます。たまたま武井印刷所さんの近くを通りかかった社員が「見学させてもらって良いですか?」とお伺いした...

記事を読む

メディア グラフィックス2019年度 新卒採用サイトがOPENしました!

  •  投稿日:2018-03-12
  •  カテゴリ:広報
こんにちは。

この度、メディア グラフィックスの2019年度 新卒採用サイトがOPENいたしました!

メディア グラフィックス2019年度 新卒採用サイト

今回新たに作りましたこのサイトですが、たくさんの情報を盛り込みまして、大変読み応えあるものとなっております。

会社概要や募集要項だけではなく、若手社員の生の声や当社情報をわかりやすくデータ化したページなど、当社ベテラン社員も気になる内容が盛りだくさんです…!

就職活動中の学生さんだけでなく、色々な方に見て頂ければ幸いです。

知らなかったメディア グラフィックスが見えてくるかもしれませんので、ぜひご覧ください♪

メディア グラフィックス 2019年度 新卒採用サイト

新入社員の一日シリーズも是非ご覧くださいませ。

●とある新入社員の一日①
●とある新入社員の一日②
●とある新入社員の一日③(2017年入社組)
 カテゴリ
 タグ

【印刷入門シリーズ】表面加工について

こんにちは!

今日は、印刷物の「表面加工」についてご説明します。

ラミネーター(PP貼り)

「表面加工」とは、印刷した紙の上にニス引きや光沢剤、フィルムなどで加工を施し、印刷物自体の性能を上げることができる工程です。

機能面では、印刷物のインキの擦れ防止やフィルムを貼ることによって耐久性を上げることが可能です。

デザイン面では、ツヤ出しや、マット感を出すなどの加工を施すことで、印刷物の風合いが増し、より高い高級感を演出することが出来ます。

ホログラムで柄をつけたり、キラキラさせたりすればより個性的な印刷物に仕上がります。

そんな「表面加工」ですが、具体的にはどんな方法の選択が出来るのでしょうか?

弊社でご提案出来るいくつかの種類をご紹介いたします。


①ニス引き(グロス・マット)

オフセット印刷で印刷物の表面に透明な樹脂液を塗ることをいいます。

樹脂液には、「グロスニス」と「マットニス」があり、「グロスニス」の場合はインキの乗っている部分の光沢感が若干上がります。

「グロスニス」は光沢効果というよりは、ニスによってインキの表面に膜が出来ることで、印刷物同士が重なった際に発生する圧や擦れによって汚れてしまうことを防ぐ保護目的があります。

一方の「マットニス」の場合は樹脂液成分の特性上、グロスニスのような保護効果はあまりありません。

どちらかというと印刷物に風合いやマット感を与えたい場合にご提案をさせていただく事が多いです。

また、もう一つ、ニス引きの特徴として部分的な「スポット」が可能ということが挙げられます。

1グロスニス(白部分スポット抜き)

紙面にグロス部分とマット部分を出して絵柄を見せたい場合は、このニス引きをうまく活用いただくと
効果が出ます。


②PP貼り(グロス・マット・ホログラム)

ポリプロピレンフィルムに接着剤を塗布し熱風乾燥した後、紙とフィルムを熱圧着して貼り合わせる加工です。

グロスPPはインキの発色が増し、強い光沢が出ます。マットPPはインキの発色は若干落ち、しっとりとした手触りとなります。

2【左】加工無し【右】グロスPP

2【左】加工無し【中央】グロスPP【右】マットPP

こちらはフィルムを貼り合わせていますので破れづらく、耐久性が出ます。

ただし、こちらは印刷面に加工を施すことで色の濃度が上がって見えるため注意が必要です。

グロスやマットの他にもホログラムをお選びただくことが可能です。


③プレスコート

印刷物に鏡面光沢と平滑性を施す表面加工です。

紙面に熱硬化性の樹脂を塗り、熱をかけローラーでプレスすることにより強い光沢感が得られます。

グロスPP貼りとほぼ同等の仕上がりですが、印刷物にフィルムを貼りたくない場合は、こちらの加工をお勧めしています。

なお、こちらについてもPP貼りと同様に印刷面に加工を施すことで色の濃度が上がって見えるため注意が必要です。


④LCコート(グロス・マット・ホログラム・エンボス)

印刷面へUV塗料をコーティングして、フィルムでプレスしたまま、UVランプを照射し、印刷物に転写する加工です。

仕上りはPP貼り(グロス・マット)とほぼ同等ですが、全面にしか加工が出来ないPP貼りやプレスコートと異なり、紙面の部分的にスポットで入れたり、抜いたりすることが出来るのが特徴です。

また、LCコートはバリエーション豊富なホログラムやエンボスを選ぶことも可能です。

4LCコート-ホログラム

4LCコート-エンボス

いかがでしたでしょうか?

「表面加工」についてこんなに種類があることは意外と知られていないかもしれませんね。

もし、ご興味のある方は営業までお問い合わせください!
 カテゴリ
 タグ

印刷工場ってどんなことしてるの?【メディア グラフィックス埼玉工場見学のご案内】

こんにちは!

本日は、メディア グラフィックス埼玉工場の見学についてご紹介致します。

最寄りはみずほ台駅なので、東武東上線でいらっしゃる方が多いです。

駅に到着されましたら、社員が車でお迎えに伺います。

【応接室】

まずは2階の応接室にて、工場のご説明します。

そして髪の毛が工場内で落ちてしまわないように、薄い紙のヘアキャップを被って頂いたら、いざ出発。


★1.刷版室

刷版室にて、版のご説明。

お客様から入稿されたIllustratorやInDesign等のデータは、本社のデータデザイン部が次工程(刷版)用にPDFに変換しています。

そのPDFデータを、印刷機にセットするアルミ板に転写・出力しているのです。

工場見学画像1





関連記事
●【印刷入門シリーズ】版替え作業について
●DD(データデザイン)部の一日~DTPオペレーター編~


ここから先は工場の機械音が大きいため、説明が聞こえるようにイヤホンをお渡しします。

片耳に引っ掛けて、パタリと閉じるタイプのイヤホンで、これでバッチリ社員の声が聞こえるようになります。

工場見学画像2


★2.オフセット輪転機ー印刷ー

ロール紙を使用して、高速で大量に両面同時に印刷し、熱風で乾燥させています。

工場見学画像3

工場見学画像4

主に数万部以上の冊子の印刷をしているのですが、ロール紙はまるでトイレットペーパーのような形で、次々と流れていく様子を見るのは圧巻!

そして1時間に1度くらいのタイミングで、紙の交換が行われます。

工場見学画像5

自動でクルクルと巻き取られて交換していくのが楽しいので、是非タイミングを合わせてご覧頂きたいです!

関連参考記事
●巻取り用紙の搬入風景




★3.オフセット輪転機ー断裁&折り加工ー

オフセット輪転機でながーい1枚の紙に印刷された用紙を断裁し、折り加工をしてページ状にします。

まるで回転寿司のように流れてくる用紙が、次々と加工されていくも楽しいです。



そして出来上がった印刷物はロボットアームが積み上げていってくれます。



関連参考記事
●【オフ輪 ロボットアームの視点】産業用ロボットGUNZE FUJI-ACE


★4.枚葉4色反転機

こちらでは、取扱説明書等を主に印刷しています。

化粧品の箱の中に、薄くて小さく折り畳まれた説明書が入っていることが多いと思いますが、それを印刷しているのがこちらです。

片面4色の印刷と、両面2色ずつの印刷を一度に行えます。

工場見学画像6


★5.枚葉菊全5色機

こちらではポスターやサンプル台紙やリーフレット等、少し厚めのしっかりした紙の印刷をしています。

一度に5色まで印刷出来るので、4色+特色1色や、4色+ニスという組み合わせも可能です。

UV照射で瞬時に乾かせることと、4Kカメラで品質管理が出来ることが特徴です。

工場見学画像7





関連参考記事
●UV印刷機を導入しました
●【UVオフセット印刷機LITHRONE G40動画】印刷オペレーターの視点Part1-Print-
●印刷オペレーターの視点 Part2-色の測定 Color measurement-


★6.取説室〜ミニ折機

こちらでは主に取扱説明書を折り畳む作業をしています。

髪の毛やホコリ等が決して入り込まないようドアを締めた状態で作業をしているので、窓越しにご覧ください。

工場見学画像10

商品の箱の中にゴミが入ってしまっては大変なので、とても慎重に丁寧に行っています。

色んな折り方が出来るので、サンプルを色々とお見せしながらご説明致します。

工場見学画像9


工場見学画像8

★7.断裁機

1枚の大きな紙に面付けされた印刷物や、トンボの外側の部分を断裁します。

大量に一気にザックザックと断裁していく様子は、過去記事の動画でご覧ください。

まるで餅つきのように、積む、切る、動かす、という作業を複数人のオペレーターが行っていて、熟練の業を感じます!

工場見学画像11



関連参考記事
●【MG埼玉工場・断裁機ROBOCUT動画】断裁オペレーターの視点〜化粧断裁〜


★8.折機&中綴機

折機でサンプル台紙やリーフレットを折り畳んでいきます。

工場見学画像12

様々なサンプルをお見せしながら説明致します。

その奥の中綴機では、回転寿司のようにダーッと流れていく印刷物をどんどんホチキスで綴じていったら、積み上げた印刷物をキレイにラップで包んで梱包します。

工場見学画像13

工場見学画像14

荷崩れやゴミの混入が無いように、丁寧にシッカリと最後まで気を抜きません!

こちらでイヤホンは外して頂き、お次は別館にある3Dプリンタ室へ!


★9.3Dプリンター

パソコンの3Dソフトを使って、立体物の形、色を設定し、石膏タイプの3Dプリンターで作り上げていきます。

工場見学画像15

とても時間のかかる作業のため、作業風景の動画をこちらでご覧ください。



関連参考記事
●石膏タイプ3Dプリンター(3D Systems社 ProJet660Pro)製作過程

サンプルとしてお見せしているのは、新商品のボトルの模型、建造物の模型、置物等色々ありますが、用途は幅広く様々なシーンで活用できるのが3Dプリンターです。
お土産によろしければ小さなサンプルをお持ち帰りください。


★10.物流倉庫

お客様の大切な製品をこちらで保管し、日々発送業務を行っています。

パンフレット等印刷物を一度にまとめて印刷し、一部をお客様に納品、残りをこちらで保管しているものもあります。

そうすることで、お客様は自社の倉庫に大量に印刷物をストックしなくても済みます。

工場見学画像16

関連参考記事
●MGのこだわりvol.3〜物流倉庫


最後に駄屑室を少しご覧頂きます。

断裁した時の屑等はここでキチンとまとめ、業者に引き渡しています。

工場見学画像17

これにて工場見学終了!

最後は応接室で質疑応答をし、皆様の疑問質問にお答えします。


これまで各メーカー様や、デザイナー様等たくさんの方に工場見学に来て頂いております。

工場見学の所要時間は質疑応答などの時間にもよりますが、大体3時間程と考えて頂ければ良いかと思います。

ご興味ある方は、弊社営業にぜひお問い合わせくださいませ!

皆様のお越しを社員一同心待ちにしております!

【五反田グルメ探訪Vol.8】 火鍋専門店「ファイヤーホール4000」

  •  投稿日:2018-02-19
  •  カテゴリ:グルメ
こんにちは!

今年は大寒波の影響で寒い日が続いてますね。

皆さまお身体崩されていないでしょうか?

今年初となります五反田グルメ探訪Vol.8はそんな寒い日にピッタリな火鍋専門店「ファイヤーホール4000」(営養薬膳師 菰田欣也が提案する新しいスタイルの火鍋専門店)をご紹介します!

ファイヤーホール4000_1

ファイヤーホール4000_2

メディアにも取り上げられ今や予約必須のこのお店。

夜は基本的に3種類の火鍋のコースのみで、今回は火鍋ベーシックコースを選択。

具材は肩肉、外もも肉、レバー、ハツ、タン元。

さらに、野菜たっぷりと特製肉団子・豆腐セットも付いてきます。

ワクワクの火鍋スタート!

ファイヤーホール4000_4

まずは火の通りにくい野菜から入れて、火が通ったところでお肉投入!

お肉はサッとくぐらす程度で食べられます。

スープは肉骨茶スープと麻辣スープの2種類ありましたが、個人的には断然麻辣スープの旨辛が好みでした!

ファイヤーホール4000_3

肉骨茶は優しい味で胃に優しい感じでした。

ワイワイガヤガヤ、ビールゴクゴク。

アルコールが進むうちに味もよく分からなくなるのは常。

最後は胡麻団子と杏仁豆腐をいただきました。

ファイヤーホール4000_5

ということで、今回のグルメ探訪はここまで。

春まであと少しです!

是非、厳しい寒さを火鍋で乗り越えて、身も心もリフレッシュしてはいかがでしょうか。

また次回もお楽しみに!
 カテゴリ
 タグ

【他社見学】レトロ可愛いと人気の活版印刷が出来る「武井印刷所」

こんにちは。

本日はDD(データデザイン)部の社員が見学に行った「武井印刷所」さんをご紹介します。

活版印刷(かっぱんいんさつ)は、金属や木に文字を彫り込み判子状にしたものに、塗料を塗って印刷します。

その為たくさんの文字の彫られた活字を級数毎に印刷所は保有し、必要な文字を集めてから文章を組み、印刷していきます。

たまたま武井印刷所さんの近くを通りかかった社員が

「見学させてもらって良いですか?」

とお伺いしたところ、快諾して頂けました。


味わい深い印刷機、たくさん並んだ活字の棚、見ているだけでワクワクします!

活版印刷機

活版印刷の活字棚

私も昔学校の授業で活版印刷をやったことがあるのですが、この文字拾いがとても大変だった記憶があります…

でも刷る毎にインクのカスレや滲みに違いがあり、温もりを感じさせてくれる仕上がりになりました。


現在武井印刷所さんでは、名刺やDMの受注が主だそうです。

最近Twitterでは、大阪の活版印刷所の廃棄寸前の活版印刷機と活字一式の引取手を探すツイートが、1万3千以上リツイートされて話題となったそうです。

「活版印刷機」を引き継げる人をTwitterで募集。その結果は… ホウドウキョク

新たな印刷技術が次々と生まれてきていますが、小ロッドで味わいのある印刷が出来る技術も人気となっています。

海外展示会報告 IPEX2017(イギリス)

デジタルカメラが主流な中で、今また「写ルンです」に若い人たちが注目しているように、敢えて手間をかける「不便益」がブームなのだそうです。

このような昔ながらの温かみのある印刷技術も、キチンと残していきたいと改めて思いました。

実際に活版印刷機を目にする機会はなかなか無いので、とても貴重な体験をさせて頂くことができました。

武井印刷所さん、ありがとうございました!



武井印刷所
埼玉県久喜市久喜中央1丁目4−36
0480-21-0135
Copyright © メディアグラフィックスBLOG All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます