2017年03月の記事一覧

化粧品および文化芸術分野の高品質印刷・加工・企画・デザイン・WEB制作「株式会社メディアグラフィックス」のブログです

月別アーカイブ:2017年03月

2017年03月の記事一覧。化粧品および文化芸術分野の高品質印刷・加工・企画・デザイン・WEB制作「株式会社メディアグラフィックス」のブログです

2017-03-30 コラム
こんにちは!弊社は一昨年、創立60周年を迎えてました。もとはポーラ化粧品グループの印刷部門として創立されたのが始まりで、昭和36年に有限会社不二印刷として会社組織へ設置されました。以降、時代の流れとともに成長し、様々な変化を遂げて今に至っております。ということで、本日は「メディア グラフィックスの歴史」と題しまして、弊社がどのように変化して現在に至っているのかを、会社沿革に合わせて簡単にまとめさせてい...

記事を読む

2017-03-27 社員の一日シリーズ
こんにちは!今回は弊社の精鋭部隊、DD(データデザイン)部をご紹介させて頂きます!DD部は以前は「製版部」と呼ばれていたセクションで、主に画像処理(レタッチ)や印刷前の版下データを作る工程に携わっています。また、近年ではオンデマンド印刷業務の中心的役割も担っており、「メディア グラフィックスの要」と言っても過言ではありません。そんなデータデザイン部の業務の様子を、「DD(データデザイン)部の一日」と題し...

記事を読む

2017-03-23 MGのこだわり
こんにちは!今日は、モノづくりをする私たちにとって切り離せない「物流」について。当社では長年の経験で、大量ロットの輸送から全国数百か所にもおよぶ細かな発送まで正確に遂行するノウハウを構築しています。それを支えているのは熟練の物流スタッフと、印刷物を保管し作業場となる物流倉庫の存在です。当社の倉庫は雰囲気がちょっと変わっています。倉庫らしくないんです。それもそのはず、7年前まで工場の隣にあった本屋さ...

記事を読む

2017-03-21 業界情報
こんにちは!突然ですが、「FSC認証」ってご存知でしょうか?環境に配慮された印刷物につけられるロゴマークのことなのですが、本日は意外と知られていないFSC認証について少しだけご説明いたします。FSC(R)(Forest Stewardship Council(R)、森林管理協議会)は、木材を生産する世界の森林と、その森林から切り出された木材の流通や加工のプロセスを認証する国際機関。その認証は、森林の環境保全に配慮し、地域社会の利益にかな...

記事を読む

2017-03-16 コラム
3月6日に、小泉塾30’sチーム3による社内外勉強会企画第一弾としまして、「ビューティーディレクターに学ぶ仕事術」講演会をしました。今回講師をして頂いたのは、POLA THE BEAUTY 雪が谷店グランドオーナー齋藤 由紀子さんです。前半ではグランドオーナーになるまでの様々な困難を乗り越えたストーリーをお話いただき、後半ではスタッフやお客様など多くの女性と接する中でのコミュニケーションについてお話頂きました。齋藤さん...

記事を読む

2017-03-13 五反田パン屋めぐり
こんにちは。メディア グラフィックス本社がある五反田は、立ち食いソバ屋がたくさんある事を先日ご紹介しました。★五反田は立ち喰い蕎麦・うどん激戦区!!周辺店舗情報まとめじつは五反田はすてきな「パン屋さん」もたくさんあるんです!というのも、弊社にはとにかくパンに詳しい、パンが好きだ!という社員が何人かおりまして、五反田おすすめパン屋さん情報をこっそり?教えてもらいました。これから「五反田パン屋めぐり」シリ...

記事を読む

2017-03-09 社員の一日シリーズ
こんにちは!前回に引き続き、「とある新入社員の一日」と題しまして、昨年の新入社員に約一年経った現状について教えていただきました。前回のOさんはこちら↓とある新入社員の一日①CASE2.Eさん(文系・4年制大学卒)女性。2016年入社。配属先:営業系Q1. 現在の仕事内容は?通販化粧品会社の月刊誌、約100頁数分の半頁分の担当をしています。入稿確認から画像修正指示・文字校正の確認など毎月、印刷・発送まで気が抜けません。 ...

記事を読む

2017-03-06 社員の一日シリーズ
こんにちは!3月は卒業のシーズン。学生さんですと旅立ちの時を迎え、苦楽を共にした友達との別れもあることでしょう。されど、別れがあれば出会いもあります。当社でも毎年4月にフレッシュな新入社員が入ってきて、社内がパッと明るくなります。ということで、「とある新入社員の一日」と題しまして、昨年の新入社員に入社してから一年経った現状について教えてもらいました。CASE1. Oさん(文系・4年制大学卒)男性。2016年...

記事を読む

2017-03-02 WORK-お仕事-
4/16(日)まで渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催している、「ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力」のプレス内覧会に行ってきました!河鍋暁斎(1831-1889)は幕末から明治時代の日本画家です。2年前に上野で開催された「鳥獣戯画展」をご覧になった方には絶対にオススメ!な展覧会でした。というのも、あえて暁斎が鳥獣戯画のタッチで描いた蛙や兎の絵がとってもとっても可愛かったのです。他にも...

記事を読む

メディア グラフィックスの歴史

  •  投稿日:2017-03-30
  •  カテゴリ:コラム
こんにちは!

弊社は一昨年、創立60周年を迎えてました。

もとはポーラ化粧品グループの印刷部門として創立されたのが始まりで、昭和36年に有限会社不二印刷として会社組織へ設置されました。

有限会社不二印刷

以降、時代の流れとともに成長し、様々な変化を遂げて今に至っております。

ということで、本日は「メディア グラフィックスの歴史」と題しまして、弊社がどのように変化して現在に至っているのかを、会社沿革に合わせて簡単にまとめさせていただきました。

この記事を作成するにあたり、大量の過去の写真からわが社の昔の姿を見まして、本当にたくさんの人の支えがあって今に至っているんだなと痛感しました。

今まで当社に関わっていただいた全ての方々に感謝いたしまして、皆様にも少しだけ当社の歴史を感じていただければ幸いです。

 カテゴリ

DD(データデザイン)部の一日~DTPオペレーター編~

こんにちは!

今回は弊社の精鋭部隊、DD(データデザイン)部をご紹介させて頂きます!

DD部は以前は「製版部」と呼ばれていたセクションで、主に画像処理(レタッチ)や印刷前の版下データを作る工程に携わっています。

また、近年ではオンデマンド印刷業務の中心的役割も担っており、「メディア グラフィックスの要」と言っても過言ではありません。

そんなデータデザイン部の業務の様子を、「DD(データデザイン)部の一日」と題しまして【DTPオペレーター編】と【レタッチャー編】の2回に分けてご紹介致します。


まずはDTPオペレーターとして、4月から入社3年目となるMさんに質問しました。

DTPオペレーター

ちなみにDTPとは、DeskTop Publishing(デスクトップパブリッシング)の略で、DTPオペレーターはデザイナーから入稿されたデータを元に、実際に印刷するためのデータ制作をするお仕事です。

Mさん(美術系・4年制大学卒)。女性。2015年入社。

Q1. 日々の仕事内容は?

入稿されたデータの編集・出力作業、PODや名刺の生産をしています。


Q2.  仕事におけるやりがい、難しさは?

少しのミスが損害につながるため、集中力と慎重さが必要になりますが納期もあるので素早さも必要なところが難しいと思います。
無事に扱っていたものが印刷物として完成されると達成感があるところがやりがいだと感じます。



Q3. 入社してから1番記憶に残っているお仕事は?

「暁斎展」のポスターです。
このポスターは文字と絵柄が複雑に重なっており大変でしたが、その分学ぶことは多くありました。無事に仕事を終えたときは嬉しかったです。


※こちらのポスターは
【制作実績】「これぞ暁斎!」展ポスター&チラシ等
でご紹介しています!


Q4. メディア グラフィックスってどんな会社だと思う?

仕事に対して妥協せずに取り組む会社だと思います。


Q5. 今後の目標はなんですか?

まだまだ出来ないことがたくさんあるので、今後はさらに出来ることを増やしていきたいです。



次回は【レタッチャー編】です。お楽しみに!

MGのこだわりvol.3〜物流倉庫

こんにちは!

今日は、モノづくりをする私たちにとって切り離せない「物流」について。

当社では長年の経験で、大量ロットの輸送から全国数百か所にもおよぶ細かな発送まで正確に遂行するノウハウを構築しています。

それを支えているのは熟練の物流スタッフと、印刷物を保管し作業場となる物流倉庫の存在です。

物流倉庫1

当社の倉庫は雰囲気がちょっと変わっています。

倉庫らしくないんです。

それもそのはず、7年前まで工場の隣にあった本屋さんの建物をそのまま倉庫として活用しています。

2階建ての建物はしっかりしていて台風や地震にも強く、室温管理もしっかりしていますので、お預かりしている印刷物を傷めずに保管することが出来ています。

物流倉庫2

物流倉庫3

そんな安心できる環境だからこそ、スタッフも仕分けや梱包作業に集中して取り組めています。

物流倉庫5

物流倉庫4

物流倉庫6


物流倉庫7

物流倉庫8

どっかの誰かが言っていました。

安定した「物流」を制する者はビジネスを制す。

まさにその通りだと思います!


メディア グラフィックス 埼玉工場
〒354-0043 埼玉県入間郡三芳町竹間沢新開371
TEL:049-259-1361(代表)
 カテゴリ
 タグ

FSC認証ってなに?

こんにちは!

突然ですが、「FSC認証」ってご存知でしょうか?

FSCロゴ

環境に配慮された印刷物につけられるロゴマークのことなのですが、本日は意外と知られていないFSC認証について少しだけご説明いたします。


FSC(R)(Forest Stewardship Council(R)、森林管理協議会)は、木材を生産する世界の森林と、その森林から切り出された木材の流通や加工のプロセスを認証する国際機関。

その認証は、森林の環境保全に配慮し、地域社会の利益にかない、経済的にも継続可能な形で生産された木材に与えられます。



このFSCのマークが入った製品を買うことで、消費者は世界の森林保全を間接的に応援できる仕組みです。

詳細はこちら


もともと日本では「古紙利用」という考え方が主流でしたが、紙の原料となる木材について、不法伐採などによる世界的な森林減少・劣化を背景に「持続可能な管理がなされた森林から資源を得る」という考え方が生まれ、少しずつ浸透しつつあります。

弊社でも企業様のCSR活動の一環として、会社案内や名刺、封筒などに入れたいというご要望をいただくことも多々ございます。

製品にFSCロゴを付けるのは許可制となっており、認証を得ている印刷会社でなければロゴを付けることはできません。

また、森林管理者、製紙会社、紙商社、印刷会社と製品に関わる全ての法人が認証を得ることが必要となります。

それにより木材生産から最終製品までFSC認証木材が使用されている保証となります。

FSCの取り扱いに際しましては注意事項もございます。

もしご検討したい場合は、遠慮なくご相談ください!

メディア グラフィックスWEBサイト 環境保全への取り組み・FSC森林認証
 カテゴリ
 タグ

「ビューティーディレクターに学ぶ仕事術」講演会をしました

  •  投稿日:2017-03-16
  •  カテゴリ:コラム
3月6日に、小泉塾30’sチーム3による社内外勉強会企画第一弾としまして、「ビューティーディレクターに学ぶ仕事術」講演会をしました。

ビューティーディレクターに学ぶ仕事術

今回講師をして頂いたのは、
POLA THE BEAUTY 雪が谷店
グランドオーナー
齋藤 由紀子さん
です。

前半ではグランドオーナーになるまでの様々な困難を乗り越えたストーリーをお話いただき、後半ではスタッフやお客様など多くの女性と接する中でのコミュニケーションについてお話頂きました。

齋藤さんはとても笑顔が印象的で、明るくお話される方でした。

そして何より、実年齢より10歳以上お若く見えるお姿に、

「さすが都内外に18店舗も持つビューティーディレクターは違う!」

と、一同感服致しました。

POLA THE BEAUTY 雪が谷店 グランドオーナー 齋藤 由紀子さん


ご主人の転勤に伴い、教職を辞して山口に引っ越された齋藤さんは、募集を見てポーラレディに応募。

その後双子のお子さんの育児をしながら働き、ご自分の店舗を構えるまでになられたそうです。

しかしご主人が今度は東京に転勤になり、山口の店舗を見ながら東京・神奈川でもご活躍されていくのには、大変な苦労があったとのことでした。

「なぜそこまで頑張れたんですか?」

と質疑応答の時間にお伺いしたところ

「お金のためじゃなく、ガムシャラになれる仕事だったから、ずっと働いてくることができました」

とおっしゃっていました。


後半の「コミュニケーションについて」では、お客様やスタッフさんたちとのコミュニケーションについてお話して頂きました。

女性は、『好き・嫌い』の判断で物事を考える傾向があること。

会話するときは、言葉だけではなく手や足・目線の動きなどを注意して観察することで、女性が本当に望んでいることを知ることができるということ。

このお話には、女性社員一同が深く頷き、「ぜひ男性社員にもその技を習得してもらいたい!」とコッソリ期待してしまいました。

スタッフには育児中のママさんが多い職場のため、それぞれが育児と仕事のバランスを調和できるように協力し合えるそうで、弊社の既婚女性、若い女性陣は目を輝かせてお話を伺っていました。


齋藤さんから伺ったお話は、メディア グラフィックスの上層部も、若手社員も、それぞれが自分の現在の環境や価値観に対して刺激を頂ける内容でした。

自分の思い描いていることを実現するためには、こうしたい、ああしたい、と周囲に言葉にして伝えること。

お客様の前では自分を無色透明と思い、お相手の望まれていることを全力で汲み取れるようにすること。

このような姿勢をお教え頂いたことにより、メディア グラフィックス一同は新たに気を引き締めさせて頂くことが出来ました。

齋藤さん、ありがとうございました!


POLA THE BEAUTY 雪が谷店
東京都大田区南雪谷1-5-4 ルミエール雪谷102

(※小泉塾30's(サーティーズ)については、こちらに記載しております。

◆小泉塾30's(サーティーズ)について
 カテゴリ

五反田パン屋めぐり①BAKERY SUGI-NO-KI(スギノキ)

こんにちは。

メディア グラフィックス本社がある五反田は、立ち食いソバ屋がたくさんある事を先日ご紹介しました。

★五反田は立ち喰い蕎麦・うどん激戦区!!周辺店舗情報まとめ

じつは五反田はすてきな「パン屋さん」もたくさんあるんです!

というのも、弊社にはとにかくパンに詳しい、パンが好きだ!という社員が何人かおりまして、五反田おすすめパン屋さん情報をこっそり?教えてもらいました。

これから「五反田パン屋めぐり」シリーズでSNSメンバーがレポートしていきます♪


まずご紹介するのは、東五反田1丁目にある「BAKERY SUGI-NO-KI(スギノキ)」

元パティシエの方が焼いているパン屋さんとの事。

五反田駅東口より歩いて7,8分くらいの場所にある、小さなお店です。

店内はまるで雑貨屋さんみたいで、とってもおしゃれでかわいい雰囲気。

とにかくクロワッサンがおすすめという事でクロワッサン、そのほかにバナナのマフィンなどを購入いたしました。

おすすめのクロワッサン、袋から出した瞬間に漂う香りがすでに魅惑的…。

頂いてみると…サックサクの食感、そして口の中いっっっぱいにバターの香りが…!最高のクロワッサンでした。

五反田スギノキのパン1

バナナのマフィンは、もちっとしっとり、優しい味で仕事の合間の一息にぴったりの一品です。

五反田スギノキのパン2

個人的にはバゲットやパン・ド・ミ(食パン)もとっても気になりましたし、ガラスケースの中に入っているバゲットサンドイッチも食べたかったのですが…

そんなにたくさんは食べきれないので、次のお楽しみにしようと思います。

元パティシエの方が焼いているという事で、季節限定で出る色々なスイーツも試してみたいな~♪

ぜひぜひ皆様も足をお運びください!

五反田スギノキの袋

BAKERY SUGI-NO-KI(スギノキ)
営業時間 11:00~19:00頃
定休日 月曜日・第一火曜日
品川区東五反田1-25-2
TEL 03-6325-5192

地図はこちら
 タグ

とある新入社員の一日②

とある新入社員の一日2

こんにちは!

前回に引き続き、「とある新入社員の一日」と題しまして、昨年の新入社員に約一年経った現状について教えていただきました。

前回のOさんはこちら

とある新入社員の一日①


CASE2.Eさん(文系・4年制大学卒)
女性。2016年入社。
配属先:営業系

Q1. 現在の仕事内容は?

通販化粧品会社の月刊誌、約100頁数分の半頁分の担当をしています。
入稿確認から画像修正指示・文字校正の確認など毎月、印刷・発送まで気が抜けません。

Q2. 入社してからの一年で一番の思い出は?

現在進行中の、お客様へ新たな価値をご提案するプロジェクト企画です。これから頑張ります。

Q3. 仕事におけるやりがい、難しさは?

自分が携わった媒体が形となって多くの人の目に留まることです。
その分、小さなミスさえ許されず細かい確認作業を怠ることができません。

Q4. メディア グラフィックスってどんな会社だと思う?

私のような新人にも耳を傾けてくれる温和な柔軟性のある会社だと思います。

Q5. 今後の目標はなんですか?

お客様の目標を達成させるための後押しとなる提案をし、成功へと導くことです。




2回にわたってお送りしました「とある新入社員の一日」。

いかがでしたでしょうか?

OさんもEさんも約一年がたった今でも高いモチベーションをもって業務に取り組んでいることがよくわかりました。

二人とも入ったばかりの時は不安げな様子もありましたが今では頼もしい存在に成長しており、先輩たちにとっても良い刺激になっています。

当社では今年の4月からまた新入社員を迎え入れることになります。

二人には新しく入る後輩にも良い手本になるよう更なる活躍を期待しています!
 タグ

とある新入社員の一日①

とある新入社員の1日_1

こんにちは!

3月は卒業のシーズン。

学生さんですと旅立ちの時を迎え、苦楽を共にした友達との別れもあることでしょう。

されど、別れがあれば出会いもあります。

当社でも毎年4月にフレッシュな新入社員が入ってきて、社内がパッと明るくなります。

ということで、「とある新入社員の一日」と題しまして、
昨年の新入社員に入社してから一年経った現状について教えてもらいました。


CASE1. Oさん(文系・4年制大学卒)
男性。2016年入社。
配属先:営業系

Q1.現在の仕事内容は?

主に外販とよばれる営業部に所属をしています。
化粧品会社や製薬会社、音響機器メーカーなど、
様々な業種のお客様とお仕事をさせていただいています。

Q2.入社してからの一年で一番の思い出は?

お客様から「やっぱりメディアさんだね」と言っていただいたことです。
改めて、弊社の技術・品質がお客様に信頼されていると思うと同時に、
新人の自分も気を引き締めなくてはと、緊張が走ったことを今でも覚えています。

Q3.仕事におけるやりがい、難しさは?

プロモーションに携わった商品が人気と聞いたときは、素直に嬉しかったです!
驕りかもしれませんが、プロモーションを通して少しでもお客様の力になれたのかな、と。
こういう話を聞くと、「より質の高い仕事をしなくては」という気持ちにさせられます。

Q4.メディア グラフィックスってどんな会社だと思う?
〈やるときはやる〉そんな人が多い会社だと思います。
仕事をするときは決して妥協せず、新人の私にも厳しく指導してくれる環境があります。
しかし仕事以外の話では、皆で楽しく話すことができる、温かい雰囲気がある会社です。

Q5.今後の目標はなんですか?

まずは今与えられている仕事を、確実かつスピーディにこなせるようになりたいです。
また、営業としてより質の高い提案ができるよう、プロモーション力も上げていきたいと思います。



次回はCASE2. Eさんの一日をご紹介させて頂きますので、お楽しみに!
 タグ

【制作実績】「これぞ暁斎!」展ポスター&チラシ等

4/16(日)まで渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催している、「ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力」のプレス内覧会に行ってきました!

これぞ暁斎展1

河鍋暁斎(1831-1889)は幕末から明治時代の日本画家です。

2年前に上野で開催された「鳥獣戯画展」をご覧になった方には絶対にオススメ!な展覧会でした。

というのも、あえて暁斎が鳥獣戯画のタッチで描いた蛙や兎の絵がとってもとっても可愛かったのです。

これぞ暁斎展3

これぞ暁斎展2

他にも力強いタッチの絵、繊細な幽霊画、コミックのような風刺画と、暁斎の幅広い手法は、とても1人の画家が描いたとは思えないほどでした。

これぞ暁斎展4

これぞ暁斎展5

これぞ暁斎展6

どの作品も魅力的で、ポスターやチラシに使用されている美しい遊女と骸骨の絵の実物は、流麗な線と色彩が素晴らしく、細部までじっくり目を凝らしてしまいました。


今回プレス内覧会にお邪魔できたのは、弊社が東京展のポスターやチラシ各種、クリアファイルの印刷を請け負わせて頂いたからです。

これぞ暁斎展9

これぞ暁斎展10

美術品の印刷をするときは、現物を見ながら色を合わせていくということが難しいケースがあります。

今回はデータ支給された作品の写真を元に、過去の様々な図録を見ながら、学芸員さんの指示の元に色再現をしていきました。
(作品を複写した写真データは、紙やインクの組み合わせにより、印刷したときの色が実物と変わってしまいます)

また、デザイナーさんの「強くインパクトを出したい」という意向の元、濃い墨の部分は強く、カスレやボカシのニュアンスは繊細に出すよう、画像調整をしました。

ポスターの遊女の絵は、着物の柄が細部までハッキリと美しく表現できるよう力を注いでおります。

是非会期中に足をお運び頂き、実際の作品をご覧くださいませ!

お土産のオリジナルグッズもどれも可愛かったです!

これぞ暁斎展8

これぞ暁斎展7


「ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力」

開催期間
2017/2/23(木)-4/16(日)※会期中無休

開館時間
10:00-19:00(入館は18:30まで)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

会場
Bunkamura ザ・ミュージアム
Copyright © メディアグラフィックスBLOG All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます