動画のカテゴリ記事一覧

化粧品および文化芸術分野の高品質印刷・加工・企画・デザイン・WEB制作「株式会社メディアグラフィックス」のブログです

カテゴリ:動画

動画のカテゴリ記事一覧。化粧品および文化芸術分野の高品質印刷・加工・企画・デザイン・WEB制作「株式会社メディアグラフィックス」のブログです

2017-11-06 動画
こんにちは!以前【企画制作部の一日】と題しまして「グラフィックデザイナー編」をご紹介させて頂きましたが、今回は「Webディレクター編」をお送りいたします!●【企画制作部の一日~グラフィックデザイナー編~】メディア グラフィックスの企画制作部には「コピーライター」「グラフィックデザイナー」「Webディレクター」「校閲」が在籍しています。Webディレクターは各社のサイト作成・定期更新・デジタルブック作成など、紙...

記事を読む

2017-10-30 動画
こんにちは!前回の【印刷入門シリーズ】では、刷版って何?ということに触れさせていただきましたが、今回は刷版工程の後がどんな流れで進んでいくのかをご説明したいと思います。●【印刷入門シリーズ】刷版って何?刷版工程のプレートセッターから出力されたPS版が向かう先は「印刷機」です。写真:菊半裁4色反転機構付オフセット印刷機「SPICA(スピカ)」当社の印刷機は、B縦半裁オフセット輪転機(8色機)、菊全判UVオフセット...

記事を読む

2017-08-14 動画
こんにちは!以前【DD(データデザイン)部の一日】と題しまして「DTPオペレーター編」「レタッチャー編」をご紹介させて頂きましたが、今回は満を持して「3DCGオペレーター編」をお送りいたします!●DTPオペレーター編●レタッチャー編メディア グラフィックスでは、まるで撮影をしたかのようにビジュアル制作が出来る「3DCG」を取り入れています。3DCGオペレーターAさんが得意としているのはプロダクト製品で、発売前の化粧品等様...

記事を読む

2017-07-10 動画
こんにちは!今日は印刷の基本として、刷版工程について少しだけご説明させていただきます。刷版とは、印刷機で印刷をする際に使用される、金属製の版を製造する工程。簡単に言いますと、印刷するための「判子」の板を作ることを指します。この板はPS版と呼ばれており、印刷物の絵柄のインキがつく部分とつかない部分をパーセント単位で分別させることで、絵柄として表現されます。工程の内容としては、MG本社にあるデータデザ...

記事を読む

2017-05-15 動画
こんにちは!【新入社員の一日】【DD(データデザイン)部の一日】に続き、今回は【企画制作部の一日】です。これまでにご紹介したメディア グラフィックスのメンバーはこちら↓●とある新入社員の一日①●とある新入社員の一日②●DD(データデザイン)部の一日~DTPオペレーター編~●DD(データデザイン)部の一日~レタッチャー編~メディア グラフィックスの企画制作部には、コピーライター、グラフィックデザイナー、Webデザイナー...

記事を読む

企画制作部の一日~Webディレクター編~

  •  投稿日:2017-11-06
  •  カテゴリ:動画
こんにちは!

以前【企画制作部の一日】と題しまして「グラフィックデザイナー編」をご紹介させて頂きましたが、今回は「Webディレクター編」をお送りいたします!

●【企画制作部の一日~グラフィックデザイナー編~】

メディア グラフィックスの企画制作部には「コピーライター」「グラフィックデザイナー」「Webディレクター」「校閲」が在籍しています。

Webディレクターは各社のサイト作成・定期更新・デジタルブック作成など、紙媒体と連動したWeb媒体を制作しています。

今回はWebディレクターのIさんの一日をご紹介します!




Iさん。男性。2008年入社。

Q1. 日々の仕事内容は?

⇒主にECサイト更新(新商品ページやキャンペーン商品ページの作成等)、
その他WEBサイトの定期更新業務など。

Q2. どのような経緯でWebディレクターになりましたか?

⇒就職してからは、技術系業務に従事しておりましたが、ネットの普及とPC購入がきっかけで、興味のあったWEBサイト制作をやってみたらハマってしまい、思い切ってこの世界に飛び込みました。

Q3. これまでで1番記憶に残っているお仕事は?

⇒ある会社様の美容ドリンク通販サイト制作です。

とにかく打合せ時間が長く1回5~6時間。

ですが、その甲斐あって、深い信頼関係を築く事ができ、大変満足していただけるWEBサイトができました。

その後ご担当者の方が別の会社に移られたのですが、変わられた先でも、お声をかけていただき今でもお仕事できていることが嬉しいです。

Q4. メディア グラフィックスってどんな会社だと思う?

⇒長い歴史のある会社ですが、古さがなく常に新しい事にチャレンジしている会社だと思います。

Q5. 今後の目標はなんですか?

⇒お客様から信頼され、選ばれ続けられるように日々の業務に携わっていきたいと思っています。

Webディレクターの一日編1


Iさん、ありがとうございました!

ちなみにIさんはパソコン仕事の方には珍しく、筋トレが趣味なんですよ。

メディア グラフィックスでは、Web販売が盛んな今の時代に合わせ、紙媒体からWeb制作、商品パッケージから梱包資材まで、一連の流れを担っております。

紙もWebも展開したい、という場合には、お気軽にお問い合わせくださいませ!
 カテゴリ

【印刷入門シリーズ】版替え作業について

  •  投稿日:2017-10-30
  •  カテゴリ:動画
こんにちは!

前回の【印刷入門シリーズ】では、刷版って何?ということに触れさせていただきましたが、今回は刷版工程の後がどんな流れで進んでいくのかをご説明したいと思います。

●【印刷入門シリーズ】刷版って何?

刷版工程のプレートセッターから出力されたPS版が向かう先は「印刷機」です。

スピカ
写真:菊半裁4色反転機構付オフセット印刷機「SPICA(スピカ)」

当社の印刷機は、B縦半裁オフセット輪転機(8色機)、菊全判UVオフセット枚葉機(5色機)、菊半裁オフセット枚葉機(4色機)の3台が稼動しておりますが、どの機械で印刷する場合も、刷版で出力されたPS版をセットして印刷されます。

PS版を印刷現場へ運ぶと、まず「版替え」に取りかかります。

「版替え」とは、その名の通り「PS版を取り替える作業」のことです。

かつてはこの「版替え」に多くの手間と時間を費やしていましたが、現在では機械の性能が上がり、自動で行えて効率が大幅に良くなっています。



ということで今回は「版替え」についてご説明させていただきました。

それではまた次回!
 カテゴリ

DD(データデザイン)部の一日〜3DCGオペレーター編〜

  •  投稿日:2017-08-14
  •  カテゴリ:動画
DD(データデザイン)部の一日〜DCGオペレーター編〜

こんにちは!

以前【DD(データデザイン)部の一日】と題しまして「DTPオペレーター編」「レタッチャー編」をご紹介させて頂きましたが、今回は満を持して「3DCGオペレーター編」をお送りいたします!

DTPオペレーター編
レタッチャー編

メディア グラフィックスでは、まるで撮影をしたかのようにビジュアル制作が出来る「3DCG」を取り入れています。

3DCGオペレーターAさんが得意としているのはプロダクト製品で、発売前の化粧品等様々な立体物を3DCGで作り上げることができます!

普段は黙々とパソコンに向かっているAさんに、今回は色々質問してみました。


Aさん。男性。2009年入社。

Q1. 日々の仕事内容は?

主に発売予定の化粧品やプロダクト製品等のカタログ、チラシ用3DCGの作成。動画の作成など。

Q2. どのような経緯で3DCGオペレーターになりましたか?

大学ではデザイン全般を学び、卒業後は畑違いの職種に就いていましたが、CGのスクールに通い直し3DCGの世界に入りました。

Q3. これまでで1番記憶に残っているお仕事は?

ある会社様の商品カタログです。
携わっていた期間は長かったのですが、作業時間は逆にタイトなことが多く、絵作りも含め非常に苦戦しました。
ただ出来上がったカタログはメインに扱っていただき、はっきり形あるものとして成果物となったので嬉しかったです。

Q4. メディア グラフィックスってどんな会社だと思う?

社員の年齢層が幅広いのにも関わらず、とても風通しの良い会社だと思います。

Q5. 今後の目標はなんですか?

現状ですとまだ正面カットの物が多いので、メインを張れるようなイメージカット制作に携われるようになっていきたいと思っています。


Aさん、ありがとうございました!

今回はAさんの仕事風景をメインでご紹介いたしましたが、今後3DCGに関しては改めて詳しく書いていく予定です。

今後もメディア グラフィックスの他部署をご紹介していきますので、よろしくお願い致します!

【印刷入門シリーズ】刷版って何?

  •  投稿日:2017-07-10
  •  カテゴリ:動画
【印刷入門シリーズ】刷版って何?

こんにちは!

今日は印刷の基本として、刷版工程について少しだけご説明させていただきます。

刷版とは、印刷機で印刷をする際に使用される、金属製の版を製造する工程。

簡単に言いますと、印刷するための「判子」の板を作ることを指します。


この板はPS版と呼ばれており、印刷物の絵柄のインキがつく部分とつかない部分をパーセント単位で分別させることで、絵柄として表現されます。

工程の内容としては、MG本社にあるデータデザイン部にて作成された印刷用データを、専用サーバを介して埼玉工場へ送られ、パソコン上で刷版処理を行い、プレートセッターからそのままPS版が出力される流れになります。

これら一連を私たち印刷業界では、CTP(computer-to-plate)と呼ばれています。

かつてはデータからフィルムを出力後、フィルムをPS版に焼きつける作業をしていましたが、このCTP導入以降、フィルムレスでダイレクトに出力できるようになり、効率化されました。

以上、刷版のご説明でした。

動画もまとめましたので是非ご覧ください。



お客様からもたまに「製版」と「刷版」の違いを聞かれることがあります。

これを機に少しでも知っていただければ嬉しいです。
 カテゴリ

【企画制作部の一日~グラフィックデザイナー編~】

  •  投稿日:2017-05-15
  •  カテゴリ:動画
こんにちは!

【新入社員の一日】【DD(データデザイン)部の一日】に続き、今回は【企画制作部の一日】です。

これまでにご紹介したメディア グラフィックスのメンバーはこちら

●とある新入社員の一日①
●とある新入社員の一日②
●DD(データデザイン)部の一日~DTPオペレーター編~
●DD(データデザイン)部の一日~レタッチャー編~

メディア グラフィックスの企画制作部には、コピーライター、グラフィックデザイナー、Webデザイナー、校閲がおり、印刷物だけに留まらず様々な媒体のお仕事をしています。

実は、社内でも「どんな風に仕事をしてるの?」と聞かれることが多い企画制作部。

その中で今回はグラフィックデザイナーの一日をご紹介させて頂きます!

企画制作部の一日編


Uさん(美術大学卒業)。女性。2014年入社。

Q1. 日々の仕事内容は?

メインで担当しているメーカー様の店頭ツール、配布物、EC販売サイトの画像等を制作しています。
他にも様々なクライアント様のPOP、パンフレット、カレンダー、配送箱等、印刷物からWeb媒体のこともしています。

Q2. どのような経緯でデザイナーになりましたか?

子供の頃から化粧品の広告に憧れていて、かつ絵を描くのが好きだったので、美大でデザインを学んだら一石二鳥だな、と思って進学しました。
以降、広告制作会社にいくつか在籍し、化粧品の広告を作るお仕事をしていました。

Q3. これまでで1番記憶に残っているお仕事は?

ハロウィンの時期に店舗で配られる飴の個包装をデザインしたことです。
オバケのイラストを自分で描いたのですが、自分好みのタッチで描け、それが全国の店舗で配られたので嬉しかったです。

Q4. メディア グラフィックスってどんな会社だと思う?

入社前にメディア グラフィックスのクライアント様と仕事をしていた時に、営業やDD部の面々の人柄やクオリティの高さに驚きました。
これまで様々な印刷会社と仕事をしてきましたが、こんなにクライアントからの要求に応えるべく奔走する会社は見たことがありません。

Q5. 今後の目標はなんですか?

ここ数年個人的に勉強してきていたSNSの知識が、最近仕事に活用できるようになってきました。
日々変化のある世界のことなので、動きを敏感にキャッチしながら、デザインを活かして提案していけるようにしたいです。





Uさん、ありがとうございました!

今後もメディア グラフィックスの別の部署もご紹介していきますので、よろしくお願い致します!
 カテゴリ
Copyright © メディアグラフィックスBLOG All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます