オペレーターのタグ記事一覧

化粧品および文化芸術分野の高品質印刷・加工・企画・デザイン・WEB制作「株式会社メディアグラフィックス」のブログです

タグ:オペレーター

オペレーターのタグが付いた記事一覧。化粧品および文化芸術分野の高品質印刷・加工・企画・デザイン・WEB制作「株式会社メディアグラフィックス」のブログです

2018-01-09 WORK-お仕事-
あけましておめでとうございます。旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。新年にあたり、以前私が撮りました写真を社内データデザイン部にてレタッチしてもらった画像をみなさまにお届けします。㈱メディアグラフィックスが誇る、画像処理力をお楽しみください。一つ目は、昨年旅行に行きました、アメリカ「アンティロープキャニオン」の画像です。アンティロープキャニオンは、流れる水が柔らかい砂岩を侵食し...

記事を読む

2017-10-30 動画
こんにちは!前回の【印刷入門シリーズ】では、刷版って何?ということに触れさせていただきましたが、今回は刷版工程の後がどんな流れで進んでいくのかをご説明したいと思います。●【印刷入門シリーズ】刷版って何?刷版工程のプレートセッターから出力されたPS版が向かう先は「印刷機」です。写真:菊半裁4色反転機構付オフセット印刷機「SPICA(スピカ)」当社の印刷機は、B縦半裁オフセット輪転機(8色機)、菊全判UVオフセット...

記事を読む

2017-10-10 広報
こんにちは!この10月で、メディア グラフィックスSNSは1周年を迎えました。投稿した記事数は現在83件となっております。運営をしてみて、「こういう記事が人気なんだ」「こういう風に拡散されていくんだ」と気付くことがたくさんありました。そこで今回は、人気記事ランキングベスト10を発表させて頂きます!(ダカダカダカダカダカダカダカッ!ジャーン!!)第10位「【他社見学】(株)石坂産業で廃材処理の工程を見学しました」30...

記事を読む

2017-09-11 MG研究室
こんにちは。先週からMG研究室 インキ耐性編 結果報告をお送りしておりますが、今週も引き続き、検証・分析結果をご報告したいと思います。<前回からのおさらい〜検証内容>実験素材の印刷物はA3サイズのポスターを想定とし、以下4通りの印刷方法と用紙を使用しています。①ハイブリットUV印刷(UVインキ)+マットコート紙②ハイブリットUV印刷(UVインキ)+ユポ紙③オフセット印刷(油性インキ)+マットコート紙④オ...

記事を読む

2017-08-14 動画
こんにちは!以前【DD(データデザイン)部の一日】と題しまして「DTPオペレーター編」「レタッチャー編」をご紹介させて頂きましたが、今回は満を持して「3DCGオペレーター編」をお送りいたします!●DTPオペレーター編●レタッチャー編メディア グラフィックスでは、まるで撮影をしたかのようにビジュアル制作が出来る「3DCG」を取り入れています。3DCGオペレーターAさんが得意としているのはプロダクト製品で、発売前の化粧品等様...

記事を読む

2018年 社長年頭挨拶

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

新年にあたり、以前私が撮りました写真を社内データデザイン部にてレタッチしてもらった画像をみなさまにお届けします。

㈱メディアグラフィックスが誇る、画像処理力をお楽しみください。


一つ目は、昨年旅行に行きました、アメリカ「アンティロープキャニオン」の画像です。

ディア-グラフィックスの画像処理2

アンティロープキャニオンは、流れる水が柔らかい砂岩を侵食してでき、入り込む光の変化が大変美しく幻想的です。

大ヒットしました、ポーラ リンクルショットのCMの背景にもなりました。

元データの色調も好きなのですが、これをオレンジ処理、

ディア-グラフィックスの画像処理4

ブルーグリーン処理に変化させ、

ディア-グラフィックスの画像処理5

それに合わせて入る光も調整しています。

ディア-グラフィックスの画像処理6


二つ目は、有名なスペイン「サクラダ・ファミリア」とリスボン「ベレンの塔」です。
サクラダ・ファミリアは逆光、

ディア-グラフィックスの画像処理8

ベレンの塔は雨模様で、

ディア-グラフィックスの画像処理13

いずれも色調は暗く造形も見えにくい写真でしたが、

ディア-グラフィックスの画像処理10

ディア-グラフィックスの画像処理15

画像処理によって明るい光の下で人や建物が鮮明に輝き、海も美しい色になりました。

元データとの比較をご覧ください。

ディア-グラフィックスの画像処理11

ディア-グラフィックスの画像処理16


三つ目は、私自身の自撮り写真の画像処理後です。

ディア-グラフィックスの画像処理18

これを親しい友人に送った反応は、

「元が美しいのでコメントできない!」(そうきたか)、

「是非私もお願い!」(気持ちわかる)

「すごい~!!」(ちょっと造形も変えてもらったのよ)

などというものでした。

本年も「お客様から信頼され、選ばれ続けるベストパートナーをめざして」の基本理念のもと、「違いをつくり、違いをつなげ、違いを伝える」ことを更に進めてまいります。

どうぞよろしくお願い致します。

【印刷入門シリーズ】版替え作業について

  •  投稿日:2017-10-30
  •  カテゴリ:動画
こんにちは!

前回の【印刷入門シリーズ】では、刷版って何?ということに触れさせていただきましたが、今回は刷版工程の後がどんな流れで進んでいくのかをご説明したいと思います。

●【印刷入門シリーズ】刷版って何?

刷版工程のプレートセッターから出力されたPS版が向かう先は「印刷機」です。

スピカ
写真:菊半裁4色反転機構付オフセット印刷機「SPICA(スピカ)」

当社の印刷機は、B縦半裁オフセット輪転機(8色機)、菊全判UVオフセット枚葉機(5色機)、菊半裁オフセット枚葉機(4色機)の3台が稼動しておりますが、どの機械で印刷する場合も、刷版で出力されたPS版をセットして印刷されます。

PS版を印刷現場へ運ぶと、まず「版替え」に取りかかります。

「版替え」とは、その名の通り「PS版を取り替える作業」のことです。

かつてはこの「版替え」に多くの手間と時間を費やしていましたが、現在では機械の性能が上がり、自動で行えて効率が大幅に良くなっています。



ということで今回は「版替え」についてご説明させていただきました。

それではまた次回!
 カテゴリ

【SNS発足1周年】人気記事ランキングベスト10発表!

  •  投稿日:2017-10-10
  •  カテゴリ:広報
こんにちは!

この10月で、メディア グラフィックスSNSは1周年を迎えました。

投稿した記事数は現在83件となっております。

運営をしてみて、「こういう記事が人気なんだ」「こういう風に拡散されていくんだ」と気付くことがたくさんありました。

そこで今回は、人気記事ランキングベスト10を発表させて頂きます!
(ダカダカダカダカダカダカダカッ!ジャーン!!)




第10位

【他社見学】(株)石坂産業で廃材処理の工程を見学しました

30’sのみんなで夏に行った見学がランクインしました。




第9位

【可愛い犬猫満載!】2017年メディア グラフィックスカレンダーができました

kakekaku.jpg

2018年版も現在鋭意製作中です!


第8位

メディア グラフィックスって、どんな事ができる印刷会社なの?



詳細はぜひ営業までお問い合わせくださいませ!


第7位

メディア グラフィックスの歴史

過去の資料など、今後もまたご紹介していきたいです!




第6位

【印刷入門シリーズ】刷版って何?

なかなか見る機会のない、貴重な刷版の映像です!




第5位

石膏タイプ3Dプリンター(3D Systems社 ProJet660Pro)製作過程

何が出るかな?とワクワクする映像になっております。




第4位

【五反田グルメ探訪vol.2】cafe terrasse mimosa(カフェテラス ミモザ)

ミモザさんにはいつもお世話になっております!美味しくてオシャレでオススメです!




第3位

印刷オペレーターの視点Part2-色の測定 Color measurement

プロの技をご覧ください!




第2位

とある新入社員の一日①

この2人も2年目となり、すっかり頼もしく成長してくれました。






そして、栄えある第1位は、こちらの記事でした!!!!!

第1位

印刷オペレーターの視点Part1-Print-

YouTube 再生回数3,100回



弊社のUVオフセット印刷機LITHRONE G40を印刷オペレーターの視点から動画でご紹介した「印刷オペレーターの視点Part1-Print- 」は、YouTubeで毎日印刷関連動画として世界中の方に観て頂いております。


1年間運営してみて、工場の動画や、メディア グラフィックスの中をご紹介するような記事が人気だということが、とてもよく分かりました。

今後共ますます楽しんで頂ける投稿をしていけるよう、頑張ります!

どうぞよろしくお願いいたします。

SNSチーム一同

【MG研究室】インキ耐性編 結果報告② CMYKで耐光性に差が出るの?

こんにちは。

先週からMG研究室 インキ耐性編 結果報告をお送りしておりますが、今週も引き続き、検証・分析結果をご報告したいと思います。

<前回からのおさらい〜検証内容>
実験素材の印刷物はA3サイズのポスターを想定とし、以下4通りの印刷方法と用紙を使用しています。

①ハイブリットUV印刷(UVインキ)+マットコート紙
②ハイブリットUV印刷(UVインキ)+ユポ紙
③オフセット印刷(油性インキ)+マットコート紙
④オンデマンド印刷(トナー方式)+マットコート紙


前回は、屋外に掲示されたハイブリットUV印刷とオフセット印刷(油性)では屋内の印刷物よりも明らかに退色(遜色)が起こっており、これらは紫外線(太陽光)によるものとご説明させていただきました。

●【MG研究室】インキ耐性編 結果報告 印刷方式や条件によってどんな違いが出るの?


今回は見た目だけでなく、濃度計測値をみながら検証をしてみたいと思います。

まずは「屋内の数値変化グラフ」と
屋内の数値変化グラフ
「屋外の数値変化グラフ」
屋外の数値変化グラフ
をご覧ください。


ご説明までもないかもしれませんが、印刷はC(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(スミ)の4色の掛け合わせによって絵柄が表現されています。

濃度計測は、2週間おきに各色のベタ濃度を測定し、グラフ化しました。

その結果、屋内では全ての条件下で2か月間ほぼ同じ状態で変化が見られなかったのに対し、屋外ではオンデマンド印刷以外のハイブリットUV印刷とオフセット印刷(油性)でスタート直後からY(イエロー)とM(マゼンタ)の色が落ちていっていることがわかりました。

この結果から、Y(イエロー)とM(マゼンタ)には耐光性が無く、逆にC(シアン)とK(スミ)は耐光性があることがわかりました。

カラーバー比較

前回の見た目で、屋外の印刷物が大きく退色(遜色)していた原因は、Y(イエロー)とM(マゼンタ)のインキにあったんですね。


ではなぜY(イエロー)、M(マゼンタ)とC(シアン)、K(スミ)で耐光性の違いが出てしまうのでしょうか?

一言でいうと、インキの主成分となる顔料の違いによるものです。

C(シアン)やK(スミ)のインキの顔料の化合物は結合が強く、紫外線(太陽光)にあたっても壊れない性質なのに対し、Y(イエロー)やM(マゼンタ)は化合物の結合が弱いため、紫外線(太陽光)で破壊され本来の色を失ってしまいます。

では、ハイブリッドUV印刷やオンデマンド印刷で屋外に長期間設置したい印刷物はあきらめなければいけないのでしょうか?

いえ、安心してください!あきらめることはありません!!!

耐光性に関してはインキメーカーから「超耐光インキ」というインキが販売されていますので、そちらを手配すればすぐに色が落ちてしまうことはありません。

もちろん、メディア グラフィックスでも超耐光インキを取り扱っております。


最後に、今回の検証ではマットコート紙とユポ紙での違いでもテストをさせていただいておりました。

結論から言うと、耐光性についてはインキによるものが大きく、紙の違いでは影響はないという結果となりましたが、ユポ紙は合成樹脂(プラスチック)を主原料とした紙であることから耐光性ではなく、「耐水性」が強い紙です。

超耐光インキと組み合わせて使用することにより、太陽光や風雨、温度変化などの自然の気候の変化の影響を受けにくい「耐候性」の高い印刷物を作ることが可能になります。

主に屋外掲示の長い選挙ポスターや屋外のディスプレイなどが考えられます。


以上いかがでしたでしょうか?

この夏の強い日差しを利用してインキ耐性テストを行ってまいりましたが、私たちが予想していた以上に印刷物(ポスター)の退色(褪色)が進んだことは驚きでした。

メディア グラフィックスは、このような研究やお仕事を通して得られた経験や知識、ノウハウを用途や目的に合わせ、印刷のプロの視点から最適な紙やインキ、印刷方式などをご提案させていただいております。

是非お気軽にご相談ください!

株式会社メディアグラフィックス
〒141-0031 東京都品川区西五反田8-9-5 TEL:03-3495-1051(大代表)
●アクセスのご案内

DD(データデザイン)部の一日〜3DCGオペレーター編〜

  •  投稿日:2017-08-14
  •  カテゴリ:動画
DD(データデザイン)部の一日〜DCGオペレーター編〜

こんにちは!

以前【DD(データデザイン)部の一日】と題しまして「DTPオペレーター編」「レタッチャー編」をご紹介させて頂きましたが、今回は満を持して「3DCGオペレーター編」をお送りいたします!

DTPオペレーター編
レタッチャー編

メディア グラフィックスでは、まるで撮影をしたかのようにビジュアル制作が出来る「3DCG」を取り入れています。

3DCGオペレーターAさんが得意としているのはプロダクト製品で、発売前の化粧品等様々な立体物を3DCGで作り上げることができます!

普段は黙々とパソコンに向かっているAさんに、今回は色々質問してみました。


Aさん。男性。2009年入社。

Q1. 日々の仕事内容は?

主に発売予定の化粧品やプロダクト製品等のカタログ、チラシ用3DCGの作成。動画の作成など。

Q2. どのような経緯で3DCGオペレーターになりましたか?

大学ではデザイン全般を学び、卒業後は畑違いの職種に就いていましたが、CGのスクールに通い直し3DCGの世界に入りました。

Q3. これまでで1番記憶に残っているお仕事は?

ある会社様の商品カタログです。
携わっていた期間は長かったのですが、作業時間は逆にタイトなことが多く、絵作りも含め非常に苦戦しました。
ただ出来上がったカタログはメインに扱っていただき、はっきり形あるものとして成果物となったので嬉しかったです。

Q4. メディア グラフィックスってどんな会社だと思う?

社員の年齢層が幅広いのにも関わらず、とても風通しの良い会社だと思います。

Q5. 今後の目標はなんですか?

現状ですとまだ正面カットの物が多いので、メインを張れるようなイメージカット制作に携われるようになっていきたいと思っています。


Aさん、ありがとうございました!

今回はAさんの仕事風景をメインでご紹介いたしましたが、今後3DCGに関しては改めて詳しく書いていく予定です。

今後もメディア グラフィックスの他部署をご紹介していきますので、よろしくお願い致します!

Copyright © メディアグラフィックスBLOG All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます