メディアグラフィックスBLOG

化粧品および文化芸術分野の高品質印刷・加工・企画・デザイン・WEB制作「株式会社メディアグラフィックス」のブログです

記事一覧

2017-11-20 業界情報
こんにちわ!メディア グラフィックスでは、社員数名が世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューションが集結する展示会を視察する、という海外研修があります。印刷展示会には「世界4大印刷機材展」と呼ばれる世界規模の大きな4つの展示会があるのですが、今年は2017年10月31日から11月4日の日程でイギリス バーミンガム行われた「IPEX2017」に行ってまいりました!「IPEX(アイペックス)」は、drupa(ドルパ/ドイツ)、PRINT...

記事を読む

2017-11-13 コラム
こんにちは。今日は、先日社内にて開催されました【画像処理勉強会】の様子をレポートいたします!この勉強会は小泉塾30’チーム3による主催で、「レタッチ指示を正しく的確に現場に伝える難しさとコツ」を学ぶ社内研修です。当社のデータデザイン部長が自ら講師として登壇してくれました。参加者は若手を中心に、本社・埼玉工場の様々な部署から集まりました。印刷会社では、印刷物で使用する画像をお客様のご要望通りにレタッチ(...

記事を読む

2017-11-06 動画
こんにちは!以前【企画制作部の一日】と題しまして「グラフィックデザイナー編」をご紹介させて頂きましたが、今回は「Webディレクター編」をお送りいたします!●【企画制作部の一日~グラフィックデザイナー編~】メディア グラフィックスの企画制作部には「コピーライター」「グラフィックデザイナー」「Webディレクター」「校閲」が在籍しています。Webディレクターは各社のサイト作成・定期更新・デジタルブック作成など、紙...

記事を読む

2017-10-30 動画
こんにちは!前回の【印刷入門シリーズ】では、刷版って何?ということに触れさせていただきましたが、今回は刷版工程の後がどんな流れで進んでいくのかをご説明したいと思います。●【印刷入門シリーズ】刷版って何?刷版工程のプレートセッターから出力されたPS版が向かう先は「印刷機」です。写真:菊半裁4色反転機構付オフセット印刷機「SPICA(スピカ)」当社の印刷機は、B縦半裁オフセット輪転機(8色機)、菊全判UVオフセット...

記事を読む

2017-10-23 五反田パン屋めぐり
こんにちは。今日は五反田パン屋めぐり 第5回です!今回ご紹介するのは…◆ブーランジェリー セイジアサクラすみません、五反田パン屋めぐりと言いつつ実はこのお店、五反田というよりは…もう少し足を伸ばした白金・高輪エリアにあります。最寄り駅は浅草線 高輪台。五反田からも近所!!という事で今回無理やり紹介させて頂きます。そもそもこちらのセイジアサクラさん、弊社のパン好きの先輩が外出の帰りにたまにお土産を買ってき...

記事を読む

海外展示会報告 IPEX2017(イギリス)

こんにちわ!

メディア グラフィックスでは、社員数名が世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューションが集結する展示会を視察する、という海外研修があります。

印刷展示会には「世界4大印刷機材展」と呼ばれる世界規模の大きな4つの展示会があるのですが、今年は2017年10月31日から11月4日の日程でイギリス バーミンガム行われた「IPEX2017」に行ってまいりました!

IPEX2017

「IPEX(アイペックス)」は、drupa(ドルパ/ドイツ)、PRINT(プリント/アメリカ)、IGAS(アイガス/日本)と並ぶ世界4大印刷機材展の一つで1880年代からイギリスで開催されている伝統ある印刷展示会です。



今回のテーマは、「TOUCH IT...FEEL IT...LOVE IT」でした。

傾向としては、小ロットでもPPや転写フィルム、箔押し、UVニスなどといった特殊加工が出来る印刷機や、

型無しで通せるスジ押し、ミシン等を施して特別感のある上製本などが作れる

という商材が多く、大量ロットを想定した印刷機材は、日本の某メーカーさんが出しているUVオフセット印刷機1台のみでした。

日本でのこういった流れは今に始まったことではありませんが、海外でも感じたことはなかなか衝撃的でした。

そんな中でも海外らしいユニークな機材はたくさんありました。

個人的に特に面白いなと思った機材は、機械にボールペンを持たせてプログラミングされた情報を紙に書いて流していくという、いわゆる「手書き」が量産出来るマシン。

手書きマシン

なんとなく愛着を感じる仕上がりで、手紙文化が残る日本でもウケるのではないかと感じました。

まさに「TOUCH IT...FEEL IT...LOVE IT」にぴったり。

ちなみに、こちらは日本語のプログラムは検討されていないようでまだ日本には入って来ていないようです。

ということで、大変貴重な経験が出来た展示会でした。

【社内講座】画像処理勉強会~レタッチ指示を正しく的確に現場に伝える難しさとコツ~

  •  投稿日:2017-11-13
  •  カテゴリ:コラム
こんにちは。

今日は、先日社内にて開催されました【画像処理勉強会】の様子をレポートいたします!

写真の赤入れ

この勉強会は小泉塾30’チーム3による主催で、「レタッチ指示を正しく的確に現場に伝える難しさとコツ」を学ぶ社内研修です。当社のデータデザイン部長が自ら講師として登壇してくれました。

参加者は若手を中心に、本社・埼玉工場の様々な部署から集まりました。


印刷会社では、印刷物で使用する画像をお客様のご要望通りにレタッチ(色調整・合成等の画像処理)をするという作業があります。

このレタッチ作業をするにあたり、【お客様】⇒【印刷営業】⇒【レタッチャー】というステップで伝える際に、実はうまく伝わらないケースもごくたまにあります。

それは色味や度合の感覚は人それぞれ個人差があるからです。

「モデルの肌色に少し赤味を足してほしい!」の「少し」ってどのくらい?

「空をもっときれいにしてほしい!」の「きれい」ってどんな空の色?


ここを明確にせず、個人の感覚で伝達してしまうと、レタッチ後の仕上りにお客様からのご要望に対してギャップが生じてしまう事があるんです。

このギャップをいかに失くすかは、【印刷営業】と【レタッチャー】のヒアリング力&伝達力にかかっています。


今回勉強会では

【お客様】【印刷営業】【レタッチャー】

の3役に分かれて、レタッチ指示のフローをロープレ形式で実践してみました。

簡単に言うと、3者の伝言ゲームのようなものです。

【お客様】と【印刷営業】は社内の様々な部署のスタッフが担当、最後の【レタッチャー】は実際の弊社レタッチャー達が担当しました。



実践してみると、この作業に慣れていない参加者はどんな色、濃さ、を求めているのかを言葉だけで聞き出す事、説明する事に四苦八苦…。

双方で修正後イメージを一致・共有化するという事が難しく、とても重要である事がよくわかりました。


色見本という明確な目標があるとスムーズですが、もし色見本がない場合でも「現状の70%くらいに薄くしたい」とか、「隣のモデルの肌色に揃える」とか、具体的なイメージを説明する事でより伝わりやすくなります。

レタッチ後の色校正を見て、お客様が「あれ?私の想定していた色と違うな…」となった場合、色の再修正や確認作業が必要になってきます。

しっかりとヒアリング&伝達をするという事が、時間とコストのスリム化、そして何よりもお客様への満足度にもつながる事を再認識できる機会となりました。

ちなみに今回の伝言ゲーム、レタッチ指示に不慣れな【お客様】役【印刷営業】役を通しても、当社のレタッチャー達は、全員正解!!

難易度の高いデリケートなレタッチ作業を日々こなしている鍛錬の証ですね。

企画制作部の一日~Webディレクター編~

  •  投稿日:2017-11-06
  •  カテゴリ:動画
こんにちは!

以前【企画制作部の一日】と題しまして「グラフィックデザイナー編」をご紹介させて頂きましたが、今回は「Webディレクター編」をお送りいたします!

●【企画制作部の一日~グラフィックデザイナー編~】

メディア グラフィックスの企画制作部には「コピーライター」「グラフィックデザイナー」「Webディレクター」「校閲」が在籍しています。

Webディレクターは各社のサイト作成・定期更新・デジタルブック作成など、紙媒体と連動したWeb媒体を制作しています。

今回はWebディレクターのIさんの一日をご紹介します!




Iさん。男性。2008年入社。

Q1. 日々の仕事内容は?

⇒主にECサイト更新(新商品ページやキャンペーン商品ページの作成等)、
その他WEBサイトの定期更新業務など。

Q2. どのような経緯でWebディレクターになりましたか?

⇒就職してからは、技術系業務に従事しておりましたが、ネットの普及とPC購入がきっかけで、興味のあったWEBサイト制作をやってみたらハマってしまい、思い切ってこの世界に飛び込みました。

Q3. これまでで1番記憶に残っているお仕事は?

⇒ある会社様の美容ドリンク通販サイト制作です。

とにかく打合せ時間が長く1回5~6時間。

ですが、その甲斐あって、深い信頼関係を築く事ができ、大変満足していただけるWEBサイトができました。

その後ご担当者の方が別の会社に移られたのですが、変わられた先でも、お声をかけていただき今でもお仕事できていることが嬉しいです。

Q4. メディア グラフィックスってどんな会社だと思う?

⇒長い歴史のある会社ですが、古さがなく常に新しい事にチャレンジしている会社だと思います。

Q5. 今後の目標はなんですか?

⇒お客様から信頼され、選ばれ続けられるように日々の業務に携わっていきたいと思っています。

Webディレクターの一日編1


Iさん、ありがとうございました!

ちなみにIさんはパソコン仕事の方には珍しく、筋トレが趣味なんですよ。

メディア グラフィックスでは、Web販売が盛んな今の時代に合わせ、紙媒体からWeb制作、商品パッケージから梱包資材まで、一連の流れを担っております。

紙もWebも展開したい、という場合には、お気軽にお問い合わせくださいませ!
 カテゴリ

【印刷入門シリーズ】版替え作業について

  •  投稿日:2017-10-30
  •  カテゴリ:動画
こんにちは!

前回の【印刷入門シリーズ】では、刷版って何?ということに触れさせていただきましたが、今回は刷版工程の後がどんな流れで進んでいくのかをご説明したいと思います。

●【印刷入門シリーズ】刷版って何?

刷版工程のプレートセッターから出力されたPS版が向かう先は「印刷機」です。

スピカ
写真:菊半裁4色反転機構付オフセット印刷機「SPICA(スピカ)」

当社の印刷機は、B縦半裁オフセット輪転機(8色機)、菊全判UVオフセット枚葉機(5色機)、菊半裁オフセット枚葉機(4色機)の3台が稼動しておりますが、どの機械で印刷する場合も、刷版で出力されたPS版をセットして印刷されます。

PS版を印刷現場へ運ぶと、まず「版替え」に取りかかります。

「版替え」とは、その名の通り「PS版を取り替える作業」のことです。

かつてはこの「版替え」に多くの手間と時間を費やしていましたが、現在では機械の性能が上がり、自動で行えて効率が大幅に良くなっています。



ということで今回は「版替え」についてご説明させていただきました。

それではまた次回!
 カテゴリ

五反田パン屋めぐり ⑤ ブーランジェリー セイジアサクラ

こんにちは。

今日は五反田パン屋めぐり 第5回です!

今回ご紹介するのは…

ブーランジェリー セイジアサクラ



すみません、五反田パン屋めぐりと言いつつ実はこのお店、五反田というよりは…もう少し足を伸ばした白金・高輪エリアにあります。最寄り駅は浅草線 高輪台。

五反田からも近所!!という事で今回無理やり紹介させて頂きます。


そもそもこちらのセイジアサクラさん、弊社のパン好きの先輩が外出の帰りにたまにお土産を買ってきてくれており、食べる人皆が大絶賛だったのでいつかこの場で紹介できれば…と思っておりました。

こちらのお店について少し調べてみると…

パリのブーランジェリーで3年修行を重ねたオーナーシェフの朝倉誠二氏が、自身の名前を看板に2008年に高輪台にオープン。

「黄金色のバゲット」が、パン好き達のクチコミサイト「パン・オブ・ザ・イヤー2014」バゲット部門で金賞に輝いたとの事。



スゴイパン屋さんですね…!


そんなセイジアサクラさんで今回購入したのは…

クロワッサンにたっぷりのクリームが挟まった「クリームクロワッサン」

ブーランジェリー セイジアサクラ4

さらにそこに木苺まで乗っかった「木苺とクリームのクロワッサン」

ブーランジェリー セイジアサクラ1

さくさくのクロワッサンに甘すぎないクリーム…幸福感あふれる逸品…。木苺がプラスされると爽やかな酸味がこれまた素晴らしい相性です。


たっっぷりのクリームチーズとレーズンが入った「フロマージュレザン」

ブーランジェリー セイジアサクラ2

切ってみるとクリームチーズがこれでもかと飛び出してきます!これまたレーズンとのハーモニーが感動的。


そして今回の目玉は「チーズハンバーグサンド」です。

ブーランジェリー セイジアサクラ3

その名の通り、がっつりハンバーグが挟まってチーズで焼き上げている見た目の迫力も満点の逸品。

しかし食べてみるとまったくしつこくない上品なハンバーグと、気のせいかほんのりトリュフの香り…?でパクパク食べてしまいました。


セイジアサクラさんといえば、実は焼きチーズカレーパンが有名なんです。今回は購入しておりませんが…「揚げ」ではなく、「焼き」カレーパンでちょっと珍しいです。パンはもちろんのこと、中のカレーも絶品なんですよ~♪ぜひ初めて行く方は召し上がってみてくださいね。

ブーランジェリー セイジアサクラ
東京都港区高輪2-6-20 朝日高輪マンション1F
03-3446-4619
営業時間: 9:00〜18:30
定休日 木曜日
公式Face Book
 タグ
Copyright © メディアグラフィックスBLOG All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます